12. 五度圏から見たドミナントモーション、解決の仕組み

五度圏から見たドミナントモーション、解決の仕組み

 聴感のみで、判断されてきたコード機能[T,SD,D]ですが、
実は倍音によっても、色分けができますという解説です。

 まず必要になるメロディ化したドミナント機能の分解です。

   F | C > G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb
   3*  0     1       2     3   5*      4      6    5  OutRangeLev.C Maj

l8 f b^^ r`c1 // であればメジャー推力で解決
l8 “bf^^ r e1 // であればマイナー推力で解決

 つまり、’f’ から’c’ へ上る際、’b’ を経由するということなんですね。
‘f’を中心として見ると分かりやすいかと思います。

一時的に裏音の組合せ’f”b’ で推力を相殺気味にする緊迫状態つくり、
この後’f’ と上方倍音の調性を補完しあう’c’ が、選択されることにより
失われつつあった調性感を再認識するという、最も効率の良く’c’ が漁夫の利を得る仕組みになっている気がしてます。

マイナー推力の場合では、'”b’ から’e’ へ下る際、’f’ を経由するということになってます。

 ’f”b’ がキーポイントだと分かると思います。

 ここからは、何故コード機能[T,SD,D]が成立するのか、を表と共に解説します。

 C メジャーダイアトニック

 'cegb' '"d"f"ac' '"e"g"bd' '"f"ace' '"g"bdf' '"aceg' '"bdfa'
  b       f*        b         f*       bf*              bf*
  IM7     IIm7      IIIm7     IVM7     V7       VIm7    VIIm7b5
  T       SD        T         SD       D        T       D
  T       SD        T         SD       D        MT      D

     / MT  :メイントニック
  b  /  T  :トニック
  f* / SD  :サブドミナント
  bf*/  D  :ドミナント

メジャー倍音型

   F | C > G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb
   3*  0     1       2     3   5*      4      6    5  OutRangeLev.C Maj

 表の2段目を見ていただけると、分かりやすいかもしれません、
‘f’ のみがあると[SD] になり、’fb’ セットであれば、[D] となります。
‘f’ の音がドミナントシステムの鍵になっているというのが、分かると思います。
あと通常の機能分けではメイントニックがないので、[MT] を勝手につくりました、、

 メジャードミナントの実体は’F’ -> ‘C’ つまり、
マイナー世界のクォーターである’F’ へ集めつつ、最後に、’C’ へ落ち着くという
‘不安’からの’解放’の表現ではないかと思います。

f に全てを注ぎ込み、最後に`cへ着水する(解放)、メジャー上方倍音列
l12 o6 “f^^ f^e “f^^ g^f “f^^ a^g “f^^ b^a “f^^ `c^b `c^ ^^^^

 次はマイナーにおけるドミナント機能の説明です。

C ナチュラルマイナーダイアトニック

 'ce-gb-' '"d"f"a-c' '"e-"g"b-d' '"f"a-ce-' '"g"b-df' '"a-ce-g' '"b-dfa-'
            da-*       d           a-*        d         a-*       da-*
  Im7       IIm7b5     bIIIM7      IVm7       Vm7       bVIM7     bVII7
  Tm        SDm	       Tm          SDm        Dm        SDm       SDm
  MTm       Dm         Tm          SDm        Tm        SDm       Dm

       / MTm :メイントニックマイナー
  da-* /  Dm :ドミナントマイナー
  d    /  Tm :トニックマイナー
  a-*  / SDm :サブドミナントマイナー

マイナー倍音型

   A > E  > B  | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C > G | D
   5*  6       4      5    3*      2        1     0   3  OutRangeLev.C min

 マイナー音列のキーポイントは’d”a-‘ です。
実は、マイナーはまだきちんとした理論体系化があまりされてないんですね、
このため五度圏の倍音列から見た機能分けも、最下段に載せました。

これは聴感上の話なのですがマイナーの場合、度が過ぎて教会音楽になってしまったりしないよう、
メロディ上におけるプリミティブ感の、さじ加減がポイントなのかなと思ってます。
伴奏においては IIm7b5 などの[Dm] の多用がマイナーの味付けを濃くするように
感じられるので、この辺がマイナーを使いこなす突破口になるのかもしれません。

 それとマイナー(下方倍音列の推力)の場合、必要以上のドミナント機能は不要な気がしてます、
調整の中心が’G’にありつつ、’D’ へ向かった後、中心ではない’C’ という窓際で最後を迎える
‘終焉感’の音楽、つまり最終端でのみ、’G’ -> ‘C’ とマイナードミナントするためです。

gでむせび泣き、`cで救いを差し伸べる(終焉)、マイナー下方倍音列
l12 a-b-`g^^^ ga- `g^^^ fg `g^^^ e-f `g^^^ d^ ^^^^ c^ ^^^^

> 目次 > 次へ


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中