13. 倍音から見た鏡像スケールの仕組み、架空のロクリアンメジャー

倍音から見た鏡像スケールの仕組み、架空のロクリアンメジャー

 他のモードも倍音列で確認するとなかなか興味深いです、という説明です。

通例であれば各モードはこの様に分類されています。

メジャー型つまり上方倍音推力であろう、

 リディアンスケール Lydian #4
 アイオニアンスケール Ionian n4
 ミクソリディアンスケール Mixolydian b7

マイナー型つまり下方倍音推力ではないか、

 ロクリアンスケール Locrian b2,b5
 フリジアンスケール Phrygian b2
 エオリアンスケール Aeolian b3
 ドリアンスケール Dorian n6

モードの解析においてまず考えたのがOutRangeLev.の仮適用です。
倍音列から見てみると、Lev3 までの七つの倍音がスケール音ですよね、
これを逆手に取ります。

それぞれ上段メジャー型、下段がマイナー型でワンセットとなるように配置しつつ
各モードごとの共通音の数から判断してみると、
興味深い組み合わせになりました。

— マイナーメジャー感が弱いかも、共通音が六つ’b-fc gda’のミクソ、ドリアン型

ミクソリディアンスケール Mixolydian b7
‘cde fgab-‘

     Bb > F | C > G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb
     3*   0     1       2     3   5      4      6    5  仮 OutRangeLev.Maj
     ----------------------

ドリアンスケール Dorian n6
‘cde- fgab-‘

    E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C > G | D > A
    5   6      4      5    3*      2       1     0   3  仮 OutRangeLev.min
                                ----------------------

— ‘cg’への倍音バランスがいい、共通音が四つ’fcgd’のイオニア、エオリアン型

アイオニアンスケール Ionian n4
‘cde fgab’

     F | C > G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb
     3*  0     1       2     3   5       4      6    5  OutRangeLev.Maj
     -------------

エオリアンスケール Aeolian b3
‘cde- fga-b-‘

     A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C > G | D
     5   6     4      5    3*      2        1     0   3  OutRangeLev.min
                                          -------------

— 調性が薄い気がする、共通音が二つ’cg’のリディアンフリジアン型

リディアンスケール Lydian #4
‘cde g-gab’

   | C > G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F
     3*  0     1       2     3    5       4      6    5  仮 OutRangeLev.Maj
     -----

フリジアンスケール Phrygian b2
‘cd-e- fga-b-‘

     D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C > G |
     5   6     4     5    3*      2         1     0   3  仮 OutRangeLev.min
                                                  -----

— 調性がそもそもない、見た目は同じでも共通音がないロクリアン型

ロクリアンメジャースケール Locrian Major
‘d-de g-gab’

    G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C
    3*  0     1       2      3    5       4      6   5  仮 OutRangeLev.Maj

ロクリアンスケール Locrian b2,b5
‘cd-e- fg-a-b-‘

    G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C
    5   6     4     5   3*      2         1      0   3  仮 OutRangeLev.min

 謎の架空スケール、クリアンメジャーは、
倍音から見ると存在の可能性があるスケールなのですが、
しかし果たして、このロクリアンメジャーは白鍵のみで弾くことができるのか。

    Ab > Eb > Bb > F | C > G | D > A > E > B | Gb > Db |
              ------------------------------

白鍵弾きの各スケールのルートは、実は、G | D が中心となってまして、

 G Mixo, D Dorian,
 C Ionian, A Aeolian,
 F Lydian, E Phrygian,
 Bb Locrian Major, B Locrian

Bb がロクリアンメジャーの白鍵弾きのルートであると解明しました..
このように倍音列で見てみると、今まで聴感で判断していたものが視覚的に判断できます。

 あとキーを変更して、この倍音列をアサインするとこんなこともできます。
モードごとにOutRangeLev.を探究すると面白いかもしれません、

ミクソリディアンスケール G Mixolydian b7
‘”g”a”b cde f’

     F | C > G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb >
     3*  2   0     1     2   3                          仮 OutRangeLev.Mixo

ドリアンスケール D Dorian n6
‘de fgab `c’

  | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C > G | D > A > E > B
                             3*  2     1     0   2   3  仮 OutRangeLev.Dori

> 目次 > 次へ


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中