06. 表と裏を形成するドミナント音

表と裏を形成するドミナント音

 ついにきました、ドミナントインパクト音、
実は、この音の使いこなしがメロディの侘び寂びを決定しているのです!

これで七音そろいぶみしました!
なのでいきなりですがひとつの答えを出します。
各調性世界からのアウトレンジレベルを設定してみました。

メジャー世界

  F | C > G | D > A > E > B
  3*  0     1       2     3  OutRangeLev.Maj

マイナー世界

 Ab > Eb > Bb > F | C > G | D
 3*      2        1     0   3  OutRangeLev.min

Lev.0,1はセンタートーナリティのようだ、
Lev.2はメジャー、マイナーの決定要素だな
Lev.3は、これはなぜ分かれているんだ..

まず間違いなくこのように考えたのではないかと思います。
B は、Eの上だからLev.3で良いとして、では何故、F がLev.3なのか

簡単に説明すると、F を聞くと補完主音が働きBb も聞いてしまうためなんです、
F の下にはBb がいるんですね、
このBb はマイナー世界の住人なんです、だからF はLev.3 扱い

厳密にはF はメジャー世界に於いて、マイナーの血が混じったクォーターともいえます。

ところで、調性世界からのアウトレンジLev.3 は仕掛けだらけなんですね、
‘f’ ‘b’ は半音で六つ離れた音、つまり悪魔の音程といわれる裏音を形成しながら、
かつ、SD,D などのコード機能を決定している要素でもあるのです。

> 目次 > 次へ


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中