14. ドミナントにおけるオルタード、アウトスケールの適用

ドミナントにおけるオルタード、アウトスケールの適用

 なぜにオルタードが使われるか、の解説です。
(キーはC  メジャーダイアトニックとして説明しています)

  F | C > G | D > A > E > B [| Gb > Db | Ab > Eb > Bb ]
  3*  0     1       2     3    5*      4      6    5  OutRangeLev.C Maj
 
 G Altered :   'd-e-  fga-b-b'

G オルタードスケールの構成音は、 G Altered ‘d-e- fga-b-b’

 上記、五度圏表のアウトレンジレベルと比較します。

まず、Lev.6 Eb があるため、黙ってアウトスケールが確定します。
あと、Lev.5 Bb も存在しますね、、

つまり、オルタードはメジャー解決であれば調性崩壊を起こします。


 | 'gbdf'          | 'cegb'
 |  G7             |  CM7

 G Altered :   'd-e-  fga-b-b'

ところが、これをマイナー解決で使うと格好がつくんです。
メロ先行、後追いコードは、音楽の世界では通例化してますが、要はこれと同じ要領です。


 | 'gbdf'          | 'ce-gb-'
 |  G7             |  Cm7

 G Altered :   'd-e-  fga-b-b'

メロと伴奏がいつも同じ調性下で弾かれる必要はないので、メロでお次は、マイナー世界だ
とあらかじめ先行して伝えてしまおう、という方法です。
つまり、G Altered が、Cm7 の出現を予感させるのです。

でも実は、メジャーにもどっても問題は少ないんですね、
マイナーを予感させて裏切る、これも音楽として成立するからです、
この場合だと調性が一度リセットした感じにはなります、

これと同じ要領でコンディミやHmP5Bなども解析すると面白いです。

> 目次 > 次へ


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中