04. センタートーナリティと倍音 空虚な susコード

センタートーナリティと倍音 空虚な susコード

 センタートーナリティとは、調性の中心を意味します。
 これを、五度圏で表してみるととこんな感じになります。

 F | C > G | D > A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb
 -------------
 A > E > B | Gb > Db | Ab > Eb > Bb > F | C > G | D
                                      -------------

上がメジャー世界、下がマイナー世界を表します。

共通のエリアがあると思いますが、’fcgd’ これがセンタートーナリティ構成です。
正確に言うと、最も’cg’ を知覚的に意識させる音列ともいえます。

‘f’が’c’を倍音補完し、’d’ も’g’ を主音補完する形です。

この四音が互いに倍音と補完主音を形成し、調性中心を確定しています。

何故に空虚な響きの susコード

susコードが宇宙コード空虚感を感じさせるのは、メジャーともマイナーとも分からないからです。
正確言うと倍音列が低いので、どっちの方向性か確定できないとも言えます。

‘cdg’ であれば Csus2 響きに無理がない明白さ
‘cfg’ であれば Csus4 何となく陰りがある響き

susを定義する音、上列に於いて’f’ はマイナークォーター、下列に於いて’d’ はメジャークォーターとも言えるんです。
突如現れたメジャーとマイナー、なぜ、世界が真っ二つに割れてしまったか? 以後説明します。

> 目次 > 次へ


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中