05. 倍音構造から見たマイナー、メジャーの仕組み

倍音構造から見たマイナー、メジャーの仕組み

 ’cde fgab’ はメジャースケール、’cde- fga-b-‘ はマイナースケール
これは説明するまでもないと思います。

センタートーナリティを形成する’fcgd’ から最初にくる
両サイドのふたつの倍音と補完主音は、

メジャー世界であれば、’a”e’

 F | C > G | D > A > E
                ------

マイナー世界であれば、’e-”b-‘

 Eb > Bb > F | C > G | D
 -------

 五度圏を形成する倍音列は、
近ければ近いほど補完しあい、離れると補完関係が解消していきます。

つまり、’a”e’ のいずれかが鳴った瞬間、人は物理倍音、
上方倍音列の推力で構築されたメジャー世界を感じ、

逆に、’e-”b-‘ のどちらかが鳴ると、補完主音の推力、
下方倍音列で形成されるマイナー世界を感じます。

ふたつの世界は、推力に決定的な違いがあるんですね、

トドのつまり聴感でマイナー、メジャーと言われていたものが、
メジャーならばD より上にある、
マイナーにおいてF より下の
直近の倍音選択を意味していることが分かると思います。

また、五度圏の倍音構造を見るともうひとつ、分かることがあります。
‘cdega’ メジャーペンタトニック(ヨナ抜き)は、C から始まる最短距離で集まったメジャー世界の最小スケール、
‘ce- fgb-‘ マイナーペンタトニックは、G から始まる最短距離で集めたマイナー世界の最小スケールだ、と気づくと思います。

ここまで来るとなんとなく倍音列でメロディの仕組みがなんだか解明できそうだ、と思いませんか?
でも、ここから上のないし下の倍音は扱いが難しくなるんですね、調性感が離れるためです。

> 目次 > 次へ


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中